NEWS

2022.05.03

(G)I-DLE、「TOMBOY」ミュージックビデオ1億回再生突破!

(G)I-DLEの「TOMBOY」ミュージックビデオが、再生回数1億回を突破した。

今年3月にリリースされた1st Full Album 『I NEVER DIE』のタイトル曲「TOMBOY」は、YouTubeの再生回数が1億回(2022年4月30日基準)を達成した。 

「TOMBOY」のミュージックビデオは、公開16時間で1,000万回再生を記録するなど、国内外のファンから熱い人気を証明し、約50日が過ぎた今まで再生回数を伸ばし続け、1億回再生を突破した。

(G)I-DLEのデビュー曲「LATATA」のミュージックビデオ再生回数が1億9,700万回、「HANN (Alone)」が1億6,300万回、「Senorita」が1億1,700万回、「LION」が1億回再生、「Oh my god」が1億7,000万回を記録している。これで(G)I-DLEは、6つ目の1億回再生のミュージックビデオを保有することになった。

これに先立ち、「TOMBOY」はiTunes Top Albumチャート全世界24地域で1位、iTunes K-POP Top Albumチャート11地域で1位を記録し、1st Full Album『I NEVER DIE』は米ビルボード「Global 200」チャートで58位を記録、Billboard Global Excl. U.Sチャートでタイトル曲「TOMBOY」が34位を占める勢いを見せた。

タイトル曲「TOMBOY」は、(G)I-DLEの堂々としたアティテュードが存分に表れるストレートな歌詞が目を引く曲で、国内アーティストの参加を超え、世界中のファンまでに熱い参加を引き出し、「TOMBOY シンドローム」を作り出した。

(G)I-DLEは、4月に「TOMBOY」の活動を成功裏に終えて、MC、バラエティ、雑誌など様々な方面で活発な活動を展開している。

2022.05.02

(G)I-DLE ミヨン、「人気歌謡」新曲「Drive」で初のソロステージ公開!

(G)I-DLEのミヨンが初のソロステージを飾った。

ミヨンは、1日に放送されたSBS「人気歌謡」で、1st Mini Album『MY』のタイトル曲「Drive」のステージを披露した。

ステージに先立って行われたインタビューで、ミヨンは「どんなことにも抑圧されず、気にせず私の道を進もうという意味だ」と新曲の紹介をし、「ハンドルを回す振り付け」というステージ見どころまで挙げ、ステージへの期待を高めた。

ミヨンは、爽やかさが引き立つオレンジ色の上着とデニムスカートのスタイリングで輝くビジュアルを誇り、はつらつとした印象を与えた。特に、清涼感と春の香り漂う新曲とともに華やかなパフォーマンスを繰り広げ、グローバルファンの心を完璧に狙撃した。

新曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

4月27日にリリースされたMini Album『MY』は、全世界22地域のiTunes Top Album部門で1位を占めた。また韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を記録し、Melon、genieチャートにも上位に入るなど熱い人気を集めている。

ミヨンは新曲「Drive」で活発的な活動を繰り広げる予定だ。

2022.05.01

(G)I-DLE ミヨン、「ショー! 音楽中心」で新曲「Drive」ソロデビューステージ公開!

(G)I-DLEのミヨンが春の感性溢れるソロステージを披露した。

ミヨンは、 30日に放送されたMBC「ショー! 音楽中心」で、1st Mini Album『MY』のタイトル曲「Drive」でソロデビューステージを飾った。

この日の放送で、ミヨンはホットピンクの華やかなティアードスカートをポイントに視線をとらえ、春の感性を漂わせながら、ソロデビューステージを完璧に消化した。

ステージが進むにつれ、ミヨンの清涼ながらも力強いボーカルがステージへの没入感を高め、ミヨン特有の愛らしいジェスチャーとステージマナーで視聴者の目と耳を魅了した。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

27日にリリースされたミヨンのMini Album『MY』は、iTunes Top Album部門でトルコ、メキシコ、シンガポール、台湾など22地域で1位にランクイン、また韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を記録し、Melon、genieチャートにも上位に入るなど成功的なソロデビューを果たした。

ミヨンは新曲「Drive」で活発的な活動を繰り広げている。

2022.04.30

(G)I-DLE ミヨン、「Music Bank」新曲「Drive」で初のソロステージ… 実力+ビジュアル+パフォーマンス パーフェクト!

(G)I-DLEのミヨンが「Music Bank」で完璧なソロステージを披露した。

ミヨンは、29日に放送されたKBS2 「Music Bank」で、1st Mini Album『MY』のタイトル曲「Drive」と収録曲「TE AMO」のステージを飾った。

ステージに先立って行われたインタビューで、ミヨンは「新曲「Drive」は、どんなことにも抑圧されずに私の道を進もうという意味を込めました」と新曲の紹介をし、「春にぴったりな明るい衣装と私の愛らしい目つきに注目してください」と新曲のステージの観賞ポイントまで挙げ、期待を高めた。

最初に、甘く可愛い感情を込めた歌詞が印象的な収録曲「TE AMO」をパワフルなボーカルで披露したミヨンは、これまで見せてきたステージとは違った魅力を披露し、グローバルファンを魅了した。続くタイトル曲「Drive」のステージでは、爽やかではつらつとしたビジュアルが際立つ衣装を着こなし、ミヨンならではの清涼感とラブリーなムードを発散し、今春のシーズンソングであることを証明した。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

27日にリリースされたミヨンのMini Album『MY』は、iTunes Top Album部門でトルコ、メキシコ、シンガポール、台湾など22地域で1位にランクイン、また韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を記録し、Melon、genieチャートにも上位に入るなど成功的なソロデビューを果たした。

ミヨンは新曲「Drive」で活発的な活動を繰り広げている。

2022.04.29

(G)I-DLE ミヨン、「M COUNTDOWN」新曲「Drive」で初のソロステージ… 清涼ボーカル+ビジュアル爆発!

(G)I-DLEのミヨンが「M COUNTDOWN」で華やかなソロステージを披露した。

ミヨンは、28日に放送されたMnet「M COUNTDOWN」で、1st Mini Album『MY』のタイトル曲「Drive」と収録曲「TE AMO」のステージを飾った。

ステージに先立って行われたインタビューで、ミヨンは「先日までメンバーと一緒に活動していましたが、今日は1人でステージをかっこよく作り上げたいと思います」とソロデビューの抱負を述べ、「清涼で明るい曲なので、愛らしいミヨンの姿をお見せできると思います」と新曲のステージの観賞ポイントまで挙げ、期待を高めた。

最初に、パワフルながらも柔らかいボーカルの魅力を垣間見ることができる収録曲「TE AMO」を熱唱したミヨンは、これまで見せてきた魅力とは違う感性を披露し、視線を釘付けにした。続いて、タイトル曲「Drive」のステージでは、ピンクのドレスを完璧に着こなし、ミヨンの清涼なエネルギーをステージいっぱいに披露し、今春のシーズンソングになることを予告した。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

また、新曲「Drive」は韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を記録し、Melon、genieチャートにも上位に入り、成功的なソロデビューを果たした。

ミヨンは新曲「Drive」で活発的な活動を繰り広げている。

2022.04.29

(G)I-DLE ミヨン、Mini Album『MY』iTunes Top Albumチャート全世界22地域で1位!

(G)I-DLE ミヨンの初のソロアルバム『MY』がiTunesチャートを掌握した。

27日にリリースされたミヨンのMini Album『MY』は、iTunes Top Album部門でトルコ、メキシコ、シンガポール、台湾など22地域で1位に名を連ね、成功的なソロデビューの第一歩を踏み出した。

これに先立って、新曲リリースと同時にタイトル曲「Drive」は、韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を記録し、genieチャートにも上位に入るなど絶大な人気を博している。

初のソロミニアルバム『MY』は、ミヨンの略字であるMYと「私」 という意味を包括した二重表現で、存在するだけで幸せを届けるミヨンの話がそのまま詰め込まれたアルバムだ。 特に、デビュー後初めてミヨンが作詞に参加し、ミヨンならではの音楽的力量と新しい感性を加えた。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

ミヨンは新曲「Drive」で活発的な活動を繰り広げる予定だ。

2022.04.28

[ミヨン] ラジオ出演情報

下記ラジオにミヨンがコメント出演します!

■番組名
FM NORTHWAVE『Colors Of Korea』

■放送日時
4月30日(土) 11:00~11:30

■『Colors Of Korea』公式HP
https://www.fmnorth.co.jp/colorsofkorea/

■番組名
OBCラジオ大阪『namiがナミなみ!K-POP』

■放送日時
4月30日(土) 20:30~20:59

■『namiがナミなみ!K-POP』公式HP
https://www.pluswin.net/naminami-kpop

■番組名
FM京都(α-STATION)『KP-CONNECTION』

■放送日時
5月1日(日) 11:00~12:00

■『KP-CONNECTION』公式HP
https://fm-kyoto.jp/blog/kp_connection/

NEVERLANDの皆さん、ぜひチェックしてくださいね♪

2022.04.28

(G)I-DLE ミヨン、新曲「Drive」韓国音源チャート1位→「M COUNTDOWN」で初公開!

(G)I-DLEのミヨンが新曲「Drive」で韓国音源チャート1位を記録した。

ミヨンは、27日午後6時に1st Mini Album『MY』をリリースし、タイトル曲「Drive」が韓国音源サイトで1位を占め、熱い人気を証明した。

新曲「Drive」は、韓国音源サイトであるBugsのリアルタイムチャートで1位を占め、Melon、genieチャートにも上位に入り、成功的なソロデビューを果たした。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

ミヨンは、今日(28日)のMnet「M COUNTDOWN」で、1st Mini Album『MY』のタイトル曲「Drive」に続き、初披露となる収録曲のステージを予告し、期待を集めている。

ミヨンは、今日(28日)のMnet「M COUNTDOWN」で新曲「Drive」のステージを披露する。 

2022.04.27

(G)I-DLE ミヨン、初のソロアルバム『MY』鑑賞キーワード #ドライブソング #作詞 #ボーカル

(G)I-DLEのミヨンが、春風とともに新譜を持ってやってきた。

今日(27日)に公開されるミヨンの初のソロアルバム『MY』は、ミヨンの略字であるMYと「私」 という意味を包括した二重表現で、ミヨンそのものを詰め込んだアルバムだ。 

ソロとして第一歩を踏み出すミヨンは、3月に(G)I-DLEの1st Full Album『I NEVER DIE』でグローバルシンドロームを起こし、K-POPのトップグループとしての地位を固めた。

その後、約1ヶ月後ぶりにソロアルバムのリリースを発表し、グループ活動とは差別化されたコンセプトと音楽で、ミヨンならではの色を見せる予定だ。

ミヨンの初のソロアルバム『MY』の鑑賞ポイントを紹介する。

*スプリングドライバーミヨン、ドライブコースに響き渡るシーズンソング「Drive」

タイトル曲「Drive」は、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲で、困難の中でも自分を守り抜く人々への応援メッセージを込めた曲だ。

春風のように温かいメロディーにミヨンの清涼なボイスが合わさって、今にも旅に出たくなるようなロマンを刺激する。今春、ドライブコースに鳴り響く新しいシーズンソングの誕生を期待したい。

*(G)I-DLE ウギ作曲、ミヨン作詞「소나기 (Rain)」

今回のアルバムの最後のトラック「소나기 (Rain)」は、(G)I-DLEのメンバーウギが作曲に参加し、ミヨンが作詞に名を連ねて、ミヨンならではの感性を描き出した。

愛が冷めていく過程を、突然降ってきた夕立に例えて隠喩的に表現した歌詞が印象的で、デビュー後初めてミヨンが作詞に参加し、ミヨンならではの新しい感性を加えた。

ミヨンならではの感性が加わりさらに魅力的となった「소나기 (Rain)」で、音楽ファンの心を春雨のようにしっとりと潤すだろう。

*メインボーカルミヨン、ボーカリストとしての跳躍

これまで(G)I-DLEとして、強烈でカリスマ溢れるボーカルを披露してきたミヨンは、今回の新譜を通してミヨンならではのボーカルの色をはっきりと見せる予定だ。

タイトル曲「Drive」に加えて多様なジャンルの収録曲は、これまで発見できなかったミヨンの爽やかで清涼な音色を存分に感じることができる。

春の香りが漂うリズミカルな曲「Rose」からR&Bとパンクジャンルの甘く可愛らしい感情を表現した「Softly」、パワフルながらも柔らかいボーカルの魅力を垣間見ることができる「TE AMO」、平凡なバラード曲のようだが実験的なリズムサウンドが印象的な「Charging」、美しいギターの旋律と感性的なメロディーが引き立つバラード曲「소나기 (Rain)」まで、多彩なジャンルとサウンドを詰め込み、ソロボーカリストとしてのスペクトルを広げた。

ミヨンの1st Mini Album『MY』は、4月27日午後6時に各種オンライン音源サイトで公開される。

2022.04.26

D-1 (G)I-DLE ミヨン、ボーカル・ビジュアルを全て取り入れた完成型のアルバム予告『MY』

(G)I-DLE ミヨンの初のソロアルバムリリース日が1日後に迫った。

2018年にデビューし、音楽、演技、バラエティなど様々な活動を続けているミヨンは、グローバルグループ(G)I-DLEのメインボーカルで、実力とビジュアルを兼ね備えたメンバーの一人だ。

アルバムごとに独歩的な歌を披露している(G)I-DLEの中で、ミヨンは清涼感と澄んだ音色で断然目を引くボーカリストの姿を披露してきた。 そして多様な音楽ジャンルで光を放っている。

特に、ドラマのOSTや数々のミュージシャンの曲にフィーチャリングで参加し、音楽的な活動の領域を広げたミヨンは、ドラマ「ドドソソララソ」「九尾狐伝」「リプレイ」「大人練習生」「花が咲けば、月を想い」など、様々な作品のOSTを通してドラマに豊かさを加え、歌手のHangzoo、Super Juniorのドンへ、Kid Milliの音楽にフィーチャリングとして活躍し、新しいボーカルの魅力を披露している。

このようにミヨンは、今回の初のソロアルバム『MY』を通して、ミヨンならではの感性を込めた音楽を大衆に披露し、もう一度ミヨンの音楽的な成長とボーカリストとしての力量を証明する予定だ。

今回の新しいアルバムは、ギターサウンドが感性的な雰囲気を醸し出すロックジャンルのタイトル曲「Drive」を含め、リズミカルな「Rose」、甘く可愛い感情を詰め込んだ「Softly」、「TE AMO」、実験的なリズムサウンドが印象的な「Charging (Feat. JUNNY)」、美しいギターの旋律と感性的なメロディーが引き立つバラード曲「소나기 (Rain)」まで、多様な音楽ジャンルにぴったりのボーカル消化力で広がった領域を誇るものと期待される。

タイトル曲「Drive」は、感性的な雰囲気を醸し出すギターサウンドと、ミヨンの綺麗で清涼なボーカルが合わさった曲で、「自分の色を守りながら、前に進もうとする気持ちを失わずにいよう」というメッセージを込めた曲だ。

輝くビジュアルに負けない清涼な音色としっかりとした実力で、メインボーカリストの存在感を刻印させているミヨンの今回のアルバム『MY』は、グローバルリスナーの期待を十分に満たすだろう。